カテゴリー:成分・栄養素

  1. 青汁の成分は、ほぼ野菜です。食品添加物なども少量含まれていますが、原材料のほとんどは野菜となっています。 ですから、青汁から摂取できる栄養素は、原材料として使われる野菜によって決まります。一般的にメインの原材料とし…

  2. 便秘解消に有効な栄養素として、食物繊維がよく取り上げられています。吸収されない栄養素ではありますが、腸内に溜まりがちな老廃物を押し出す効果を持っているため、積極的に摂取したい栄養素になります。 栄養バランスがよく、…

  3. 一言で青汁と言っても、製品によって使われている原材料は違います。原材料が違うことによって、特徴の違う製品が数多く販売されています。青汁の原材料として使われるのは、主に3種類の野菜です。 昔から原材料として使われてい…

  4. 青汁に含まれている栄養素の中でも特に注目されることが多いのがビタミンです。 ビタミン類は美容にも健康にも非常に重要な栄養素であるために注目するのは当然のことなのですが、しかし忘れずにチェックしたいのが「青汁に含まれ…

  5. ケールは青汁の原料としても定番中の定番と言って良い存在です。 この野菜はもともとヨーロッパで生まれたとされており、ヨーロッパでは日常的に食べられる野菜となっています。 ではこのケールを原料とした青汁の特徴とし…

  6. 健康食品として古くから有名な青汁には、たくさんの栄養が詰まっています。青汁といっても、全ての商品が同じ原材料を使っているわけではありません。特定の野菜だけを使っている場合と、数種類をブレンドしている例がよくあります。 …

  7. ケール青汁は、キャベツやブロッコリーの原種であるケールという野菜を使って作られた青汁で、さまざまな健康効果があります。現在普通に食べられている野菜の中には、食べやすくするための品種改良の結果栄養まで同時に失われたものも多…

  8. 現在市販されている青汁は、ケールや大麦若葉、明日葉をベースにしたものがほとんどですが、近年、日本人にとって馴染み深いクマザサを主原料にした青汁が登場し、その栄養価の高さと健康成分の豊富さで、数多くの愛飲者を獲得しています…

  9. ケールを原料にした青汁は体に良い栄養素がたくさん含まれています。ケールは、キャベツの一種であり、アブラナ科に分類されている野菜です。キャベツの一種といっても、他の野菜に比べて栄養素が格段に多く含まれていることから「野菜の王様」とも言われてい…

  10. 青汁といえばケールや明日葉、大麦若葉などが有名ですが、熊笹青汁も人気があるものの1つです。熊笹(クマザサ)とはその名の通り、熊が冬眠前に食べる笹です。 熊笹青汁の効果として期待できるのはまずビタミン群、ミネラル、食物繊維などのいろんな…

RETURN TOP