カテゴリー:効果・効能

  1. ニキビは毛穴が詰まってしまうことで、菌が繁殖し、炎症を引き起こします。 皮脂が活発に分泌される思春期に多い症状ですが、大人になっても辛い症状を繰り返す人が少なくありません。 青汁を飲むことで、ニキビのしつこい…

  2. 「青汁は貧血を治療する効果がある」ということは時折言われていることです。 実際そうした効果を期待して毎日飲んでいるという人もいるわけですが、同時に「そんな効果が本当に期待できるのか」という疑問を持っている人も少なく…

  3. 美肌になるにはお腹から改善する必要があり、これはどんなスキンケアより大切なことです。 もともと青汁は健康維持のために用いられてきましたが、最近では美肌によいということで、女性や若者からの人気も高まっています。 …

  4. 痛風の原因となるプリン体は、簡単に言えば旨味成分での一種です。 血中の尿酸が増えて結晶化して、それが間接にたまり炎症成分が呼び寄せられることで激痛を引き起こします。 尿酸はプリン体を代謝すると作られるので、プ…

  5. 腸内には善玉菌と悪玉菌が存在し、若いほど善玉菌の勢力が強いのです。しかし年齢を重ねるほど悪玉菌が逆転し、様々なお腹のトラブルを引き起こします。 便秘・下痢などは代表的なものですが、肌トラブルも腸内バランスと関係して…

  6. 中性脂肪とは、簡単に言うと人間の体を動かすために必要なエネルギー源となる物質です。 食べ物から摂取された脂質は、小腸から吸収されて血液中に入り、体内の生命維持のために利用されます。そして使いきれなかった分は体に蓄え…

  7. 血圧は高すぎても低すぎても健康に対してあらゆる影響が懸念されます。特に高い状態は生活習慣病のひとつにも該当しており、糖尿病や動脈硬化などの引き金になることもあります。 ですから塩分摂取量に気をつけたり、適度な運動習…

  8. 昔から野菜が痩せるためにいい食材であることは知られています。 1日350gは食べたほうがいいと言われますが、これは栄養バランスを整えて生活習慣病を予防するためです。動脈硬化、肥満、脂質異常症などは食生活が乱れている…

  9. 現代人は食習慣が欧米化したことにより、食物繊維や鉄分などの身体に必要な栄養素の摂取が足りていないとよく指摘されています。 足りない栄養素を低カロリーな飲み物として補給してくれるのが、青野菜を主な原材料とする青汁です…

  10. 緑の野菜のみで作られるのが青汁で、そこにフルーツを加えたのがグリーンスムージーです。 青汁単独だと苦味が強くて飲みにくい場合もありますが、そこにフルーツの甘みを加えることで飲みやすくなります。ダイエットに役立つ成分…

RETURN TOP