カテゴリー:効果・効能

  1. 血圧は高すぎても低すぎても健康に対してあらゆる影響が懸念されます。特に高い状態は生活習慣病のひとつにも該当しており、糖尿病や動脈硬化などの引き金になることもあります。 ですから塩分摂取量に気をつけたり、適度な運動習…

  2. 昔から野菜が痩せるためにいい食材であることは知られています。 1日350gは食べたほうがいいと言われますが、これは栄養バランスを整えて生活習慣病を予防するためです。動脈硬化、肥満、脂質異常症などは食生活が乱れている…

  3. 現代人は食習慣が欧米化したことにより、食物繊維や鉄分などの身体に必要な栄養素の摂取が足りていないとよく指摘されています。 足りない栄養素を低カロリーな飲み物として補給してくれるのが、青野菜を主な原材料とする青汁です…

  4. 緑の野菜のみで作られるのが青汁で、そこにフルーツを加えたのがグリーンスムージーです。 青汁単独だと苦味が強くて飲みにくい場合もありますが、そこにフルーツの甘みを加えることで飲みやすくなります。ダイエットに役立つ成分…

  5. 青汁は、野菜ジュースと比べると糖質が少ないものが多いです。 野菜ジュースも食物繊維やビタミン、ミネラルの補給には役立ちますが、糖質が多いために血糖値に悪影響を与えてしまう可能性があります。青汁は糖質が少なめですし、…

  6. 薄毛には、遺伝や生活習慣、ストレスやホルモンバランスなど、様々な原因があります。抜け毛を食い止め髪の毛を増やすためには、それらの原因を解消しなければいけません。しかし、ホルモンバランスや遺伝が原因の場合、個人では解消する…

  7. 瑞々しくハリとツヤのある肌を得るには、化粧品で表面的なケアをするのではなく内側からケアすることが必要です。 体内に肌に対しての美容効果がある栄養成分を取り入ることで、中から美しいお肌作りをすることができます。肌の若…

  8. 女性は妊娠中はお腹の中の赤ちゃんを育てるために栄養を摂らなくてはならず、どうしても体重が増えてしまいます。 赤ちゃんを産んだ後は母乳をあげるので自然に痩せていくものと思ってしまいがちですが、実際には増えた体重は簡単に元に戻ってはく…

  9. 青汁の効能にはさまざまなものが言われており、中でもよく言われるのが「青汁にはアレルギー症状を改善する効果がある」ということです。 これについてはさまざまな説があるのですが、全体的な傾向を見てみると確かに改善したと感…

  10. 青汁には万能の栄養を含む素材として、ケールや明日葉などが含まれていますが、これらを摂取することによって健康の機能を総合的に底上げすることが可能です。 世代や性別が違う人が使っても、それぞれの体質に適合した状態で栄養…

RETURN TOP