青汁を飲んで腸内環境を整えていこう!

この記事は2分で読めます

 

腸内には善玉菌と悪玉菌が存在し、若いほど善玉菌の勢力が強いのです。しかし年齢を重ねるほど悪玉菌が逆転し、様々なお腹のトラブルを引き起こします。

便秘・下痢などは代表的なものですが、肌トラブルも腸内バランスと関係しています。スキンケアで改善できない肌荒れの多くは、体の内側から生じているものです。

便秘、ぽっこりお腹などに悩んでいる方は、肌状態が不安定になりやすいです。腸内環境に問題があると、食べたものが効率よく消化・吸収されません。

せっかく栄養価の高い食べ物を摂っても、有効活用されないのはもったいないものです。たくさん栄養素を摂ることは大切ですが、同じくらい吸収性にこだわることも重要でしょう。

腸内環境に問題が生じてくると、体の調子も悪くなってくるので気づきます。

便秘は自覚症状としてわかりやすいですが、ほかにも肌荒れ、疲労体質、睡眠の質の低下、などの症状が見られます。以前と体調が違うと感じたら、腸内に問題がある可能性も考慮してみるべきでしょう。

青汁はお腹の調子を整えてくれる健康食品で、サプリと比べて添加物が少ないというメリットがあります。

野菜素材をフリーズドライにより乾燥させたもので、たった5gで生野菜50gに相当すると言われています。健康維持のために野菜をたくさん食べる生活を続けたことのある方なら、お腹の調子がよくなったと感じた方が多いはずです。

お腹に溜まっていたものがスッキリと排出されて、慢性的な不調から解放されたという方も多いです。

青汁の魅力は大麦若葉やケール、明日葉など、緑黄色野菜の中でもダントツの栄養価を誇る食材を使用していることでしょう。スーパー緑黄色野菜を毎日摂取できるメリットは青汁ならではです。

自分が摂りたい野菜から青汁選びをするのもおすすめです。栄養成分表でビタミンやミネラル、食物繊維などの含有量を調べておくのもいいでしょう。

青汁は健康食品に属するもので、決して薬ではありません。効果を求めることはできませんが、副作用の心配がないのも魅力なのです。

副作用がないからこそ毎日の食事と同じように、継続的に摂取することができるのです。腸内環境は毎日の食生活に左右される部分が多いので、調子が思わしくない方は野菜を多めに摂るようにしましょう。

現代人は野菜が不足しているので、今までより100g多く摂るイメージを持ちましょう。野菜をたくさん摂ることで、腸内環境がよくなってダイエットも促進できるのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事