青汁を探すときはシェーカーもポイントです

この記事は2分で読めます

青汁を探すときはシェーカーもポイントです。製品によっては、混ぜる時に便利なシェイカーが付いてくるところもあります。シェイカーがあると短時間ですばやく混ぜることができるので便利です。青汁は毎日飲むことになりますので、シェーカーも意外とあなどれません。

シェーカーがあれば便利に作ることができます。スプーンなどで混ぜても良いのですが、毎日のことですから早く混ぜることができないとイラッとすることも出てきます。注文をすると付いてくるメーカーもたくさんありますので、チェックしてみると良いです。

青汁を購入するときにオマケで付いてくるところもありますし、単品で購入することができたり、ポイントサービスで貰うことができたり、などメーカーによって色々ありまず、シェーカーは用意しておいたほうが便利です。

DSC_1045

また、メーカーによってシェーカーそのものの使い勝手も違ってきます。メーカーによっては、目盛りが付いてるものもあります。青汁を飲むときには水の量などについても指定があるので、目盛りが付いているシェーカーをもっていると便利です。また、使い勝手のよさをみるときにはフタを締めるときのことも大切です。水を入れてシェイクしますので、フタを締めるときに斜めになってしまうようなものだと不便です。

斜めになってしまうとしっかりと密閉することができません。その場合、シェイクしたときに中身が漏れてしまうことがあります。しっかりと締めれば良いと思うかもしれませんが、毎日のことですから時には失敗することも考えられます。ストレスなく使うためには、手間をかけなくても無理なくしっかりと締めることができるもののほうが便利です。

36f90e821c676145b73baae57d5f4d06_s

些細なことですが、青汁を探すときにはシェーカーの機能についても確認しておくと良いです。しっかりとした使い勝手の良いものを用意しているメーカーであれば、その分、青汁の品質管理などについても期待が持てます。タダで付いてくるオマケと考えるのも良いですが、意識してチェックすれば、そのようなところにまで気を配ることができるメーカーであることを確認することができます。

毎日のことですし、朝飲まれる方は寝ぼけている状態でも無理なく使えるものがあれば便利です。もちろん自分の口に合うものを選ぶことのほうが大事ですが、付属品についてのチェックもキチンとすることで難しく考えなくても安全性が高くて信頼できるメーカーを選ぶことができます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事