青汁は肌荒れ改善効果があるってホント?

この記事は2分で読めます

 

青汁って色々な健康作用があるとして以前より評価を得ていますが、その中においても女性にとって嬉しい効果だと言えるのが肌荒れの改善です。

ではなぜ青汁が肌荒れを改善してくれるのかと言うと、その理由としてまず挙げられるのは青汁に含有される栄養素だと言えます。

青汁には色々な栄養素、特にビタミンが多く含有されているのですが、その中でもビタミンAやビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEといったビタミンは肌に対して非常に重要な効果を持っています。

ビタミンAは新陳代謝を高めることにより肌細胞を若返らせる、ビタミンB群は肌細胞の再生や成長をコントロールしつつ脂質を代謝して健康な肌を作る、ビタミンCは皮脂やメラニン色素を抑制して綺麗な肌を作る、そしてビタミンEは抗酸化作用により肌の老化を抑止するといった効果が期待できるのですが、こうした効果は全て荒れてしまった肌を体外へ排出して新しい肌を作りだすのに関係しています。

もちろん青汁を飲用してすぐに肌が綺麗になるというものでもないのですが、継続して飲用していけば肌質を改善する作用は十分期待できるでしょう。

次にチェックしたいのは青汁に含まれる食物繊維です。

食物繊維はよくお通じを整える為の栄養素と言われていますから肌と関係ないとも見えるのですが、実際には腸内環境と肌の状態は非常に密接に関係しています。

まず腸内に便が蓄積している状態、よく言う「便秘」については腸の中で悪玉菌を増加させて免疫力を低下させることに繋がってしまいます。

この免疫力が低下すると肌のバリア機能も衰えてしまいますから、肌の新陳代謝のペースが崩れてしまって肌荒れや炎症といった症状が引き起こされるのです。

しかも腸内環境を悪くしている有害物質は本来なら便に含まれた上で排出されていくものではありますが、食物繊維が不足して便秘状態になると汗や皮脂といった形で毛穴から体外へ排出されていきます。

しかし元々毛穴は老廃物を押し出すために普段から働いているのですから、そこで「腸から出す事が出来なかった有害物質を毛穴から出す」という指令が新しく出てしまうと、老廃物を後回しにして有害物質の排除のために毛穴が動くようになってしまうわけです。

こうなっては当然ながら肌の状態は悪くなってしまいますから、食物繊維は肌荒れを改善するために非常に効果的と言えます。

各種のビタミン類と食物繊維が含まれているということが、青汁が肌を整える効果を持つことの理由なのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事