青汁は子供が飲んでも大丈夫なのか

この記事は2分で読めます

青汁は、ビタミンやミネラル、食物繊維といった、不足しがちな栄養素が多く含まれている健康食品です。特に野菜嫌いの子供には、健康面で非常に魅力的な食品です。少量から効率的に野菜を補給することができる製品なので、我が子に飲ませたいという親もいます。

ですが、同時に安全性に不安を持つ人も多くいます。

031

結論から言うと、青汁は医薬品ではなく、あくまで「健康食品」であるため、基本的には子供が飲んでも大丈夫だとされています。ティースプーン一杯程度から、離乳食に混ぜて利用することができます。

心配がある場合は、頻出の質問なので、購入を検討している販売サイトのQ&Aなどを一度確認するのが良いでしょう。

ですが、体質や成長の度合いによっては、おなかが緩くなったり、下痢を起こすこともあります。その場合は飲ませる量を調節したり、料理に少量ずつ混ぜて飲ませたりなど、工夫が必要な場合があるでしょう。程度によっては服用を取りやめる必要があるかもしれません。

aojiru2

また、青汁は、とにかく一度飲ませればそれでよい、という食品ではありません。毎日の健康習慣として飲ませることがいちばん大切です。ですが、独特のえぐみや青臭さに苦手意識をもつ子供は多くいます。そのため、楽しく継続して服用できるように工夫が必要です。

まずは、味が良い商品を選ぶことです。各サイトを比較して味が良いものを探しましょう。ケールが混ざっているものは味のクセが強いといわれているので、避けたほうが無難でしょう。

また、おいしい飲み方や料理方法を研究するのもよいでしょう。インターネットで検索をかけると、子供向けの青汁レシピが多数紹介されており、飲みやすい方法がたくさん提案されています。有名なものは、牛乳に混ぜる、ヨーグルトに混ぜる、などです。

aojiru3

サイダーやジュースに混ぜるというレシピもあります。はちみつに混ぜるものも有名ですが、はちみつを利用した食品は乳児に飲ませてはいけないので、注意が必要です。また、青汁の有効成分は熱に弱いので、できるだけ火を通さないレシピを探すのが良いでしょう。そのほか、子供用の青汁を利用するという方法があります。

現在は子供用に味がととのえられた製品がいくつか出回っています。その中では、「こどもバナナ青汁」などが有名です。これはバナナ味で、普通の製品よりも甘めに調整され、子供に飲みやすいといわれているのでおすすめです。

 

 

computer repair in new york
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る