青汁の錠剤のメリット

この記事は2分で読めます

多忙で自炊をする時間がなく、外食やコンビニに頼りがちの食生活を送っている方も多いことでしょう。しかしこうした生活を続けていると、栄養バランスの崩れが気になります。特に外食では野菜がどうしても不足しがちです。

そういう方におすすめなのが、青汁を生活に取り入れることです。

青汁

大麦若葉や明日葉、桑の葉などとるのが難しい緑の葉野菜を丸ごとしぼった青汁は、ビタミンやミネラル、食物繊維など野菜の栄養がぎっしり詰まっています。緑の野菜だけでなく、根菜などをしぼった汁を配合している商品もあります。

材料によって効能に個性がありますので、自分の目的に合わせて商品を選ぶとよいでしょう。昔は自作するしかありませんでしたが、今では手軽に摂取することが可能です。冷凍したものを買うこともできますし、フリーズドライの粉末や錠剤を買うこともできます。

どの形状のものにもメリット、デメリットはあります。

sapuri

たとえば錠剤タイプのメリットとして携帯性に優れていること、飲むときに青汁の味がしないことがあげられます。野菜が嫌いな人の場合には、錠剤はおすすめです。サプリメント感覚で飲めますので、野菜の味に悩まされることなく野菜を摂取することができます。また青汁の匂いや味が苦手でどうしても飲みづらい、という方にも向いています。

また青汁の味に抵抗がない人でも、旅行や出張など外出先で青汁を飲みたくなることもあります。個別されたフリーズドライの粉末を使うこともできますが、いちいち作るのは大変です。食器などが調達できない場合もあります。錠剤ならば、水などがあれば飲むことができます。

6ab7621e12c8e207036d84ad267e0a84_s

出先でも青汁を飲みたいという方は冷凍や粉末のほかに、錠剤を常備しておくとよいでしょう。泊りがけの外出先に限らず、外食時やコンビニでお弁当を買うときなどに気軽に野菜不足を補うことができます。

逆にデメリットは、粉末や冷凍のものと違って、同じだけの効果を得ようと思ったら錠剤の量を多く飲む必要があることです。これが大変かどうかは人によります。

サプリメントを大量に飲むことに抵抗がない場合はこの方が楽かもしれませんし、量を多く飲めない方は粉末などをメインにして錠剤はあくまで補助的に使った方が無難です。また製品を選ぶ際には、加工法に注意することが必要です。フリーズドライ製法のものに栄養が多く残されています。加熱する製法の場合は破壊されてしまう栄養もありますので注意しましょう。

 

 

☆錠剤タイプおすすめ青汁サプリ☆

 

kousoao

えっ!青汁33杯分の栄養を凝縮したサプリ【酵素青汁111選セサミンプラス】
ビタミン・ミネラル・アミノ酸・ポリフェノール・酵素を凝縮『1ヵ月で6?減!?』『素肌がぷるぷる♪』『嘘みたいに毎朝どっさり』
☆ダイエット・美容ケア・快適なお通じetc… 全国から反響が続々☆
高濃度の栄養素をギュッと凝縮、だから1日2粒飲むだけで良いんです!
★青汁33杯分の栄養を、飲みやすい粒に凝縮! 酵素青汁111選セサミンプラス★
今までの青汁で【実感】しましたか?ただの健康食品じゃない!【栄養機能食品】だからパワーが違う!!
美容も健康もスリム体型も!【酵素青汁111選セサミンプラス】で即・解決!
『酵素青汁111選セサミンプラス』の詳細はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事