青汁の原材料と含まれている栄養素!

この記事は2分で読めます

 

青汁の成分は、ほぼ野菜です。食品添加物なども少量含まれていますが、原材料のほとんどは野菜となっています。

ですから、青汁から摂取できる栄養素は、原材料として使われる野菜によって決まります。一般的にメインの原材料として古くから使われているのは、ケールです。

kale-233127_640

ケールは豊富な栄養素を含み、ベータカロチンやビタミン、カルシウム、食物繊維などなど、現代人が不足しがちな成分をいくつも含んでいます。また、ケールは種類が多いだけではなく、含まれている成分の量にも注目です。

同じ種類のキャベツに比べるとカルシウムは5倍、ビタミンCに至っては6.5倍です。様々な種類を一度に多く摂取できるので、ケールは昔から原材料して使われてきたのでしょう。

しかし、ケールは苦味が強くて、青汁独特の飲みにくさに繋がっています。そこで飲みやすくするために、大麦若葉を原材料として使うことも増えてきました。

grass-383284_640

大麦若葉はケールと違い、クセがなく飲みやすいです。他の原材料とも合わせやすく、メインの原材料として使用すれば、飲みやすい青汁になります。ケールよりも飲みやすくなる原材料でありながら、含まれている栄養素は優秀です。

特にビタミンは全13種類のうち12種類が含まれており、ケールと同じくベータカロチンも豊富に含まれています。その結果、大麦若葉を摂取することによって、身体の新陳代謝を促すことが可能です。

他にも抗酸化作用を期待できる酵素、食物繊維や鉄分、クロロフィルなども含まれています。大麦若葉と同じように、飲みやすくしてくれる原材料が明日葉です。

asitaba

日本原産の明日葉には、カルコンやカリウム、鉄分にビタミンなどが含まれています。明日葉で注目したいのは、カルコンです。

カルコンは血液をサラサラにする効果があり、身体に溜まった老廃物を排出することができるとされます。他にも、成分として含まれているルテオリンには利尿作用があり、明日葉はデトックス作用がある野菜です。

青汁でメインの原材料となる野菜は、ケールと大麦若葉、明日葉の3種類です。

原材料として使用するときは、これら3種類の中から1種類だけを使うのではなく、それぞれをバランス良く配合しています。そのため、1杯で様々な栄養素を摂取することができて、健康や美容にも良い効果があるとされています。

健康や美容のために飲むなら、どの原材料が一番多く使われているのかに注目してみると、目的にあった製品を選べるでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事