青汁に含まれる水溶性食物繊維に秘められた力!

この記事は2分で読めます

 

便秘解消に有効な栄養素として、食物繊維がよく取り上げられています。吸収されない栄養素ではありますが、腸内に溜まりがちな老廃物を押し出す効果を持っているため、積極的に摂取したい栄養素になります。

栄養バランスがよく、健康的な飲み物として親しまれている青汁にも、食物繊維が豊富に含まれています。飲むだけで手軽に摂取できるのが魅力です。

青汁を選ぶ際には、食物繊維の種類に注目しましょう。便秘に悩むなら、特に水溶性食物繊維をたくさん摂取したいところです。

asitaba

水溶性食物繊維とは、水に溶ける食物繊維の一種です。オクラや百合根、明日葉や海藻類などに豊富に含まれています。

ジェルのように粘度があるのが特徴で、腸内の便の動きを滑らかにしてくれます。同時にコレステロールや脂質を排出したり、腸内環境を改善する作用を持っています。

110611

これによって溜まりがちな便が外へと排出され、すっきりとしたお腹に変化させられます。コレステロールや脂肪分の余計な吸収を妨げますので、食事バランスが悪い人にもおすすめの食物繊維です。

食物繊維にはもう一つ種類があります。不溶性食物繊維と呼ばれているものです。この食物繊維は水に溶けません。繊維質な状態を維持したまま腸にまで届き、蠕動運動を促す効果があります。

ストレスや運動不足、加齢などによって、腸の蠕動運動が低下すると、便を上手く排出できずに便秘になってしまいます。不溶性食物繊維がこの問題の解決に貢献してくれるというわけです。

e5da33584f1bcd6f2ac9d9d87a481a59_s

含まれている食材として有名なのが豆類です。きのこ類にも豊富です。小麦ふすま、ナッツ類などにもたくさん含まれています。不溶性食物繊維は摂取し過ぎると、かえって便を硬くする性質があることから、過剰摂取を控えたいところです。同時に水分をたくさん摂取することが求められます。

青汁には不溶性食物繊維が含まれた商品がたくさん見受けられますが、便秘になるからと過剰に避けるのはよくありません。ほとんどが水分の飲み物ですので、不溶性食物繊維を取ったとしても、便が硬くなる心配が少なくなっています。

健康を維持するために、水溶性と不溶性の食物繊維は1対2の割合で摂取することがすすめられていますので、どちらも毎日きちんと摂取しましょう。両方の食物繊維がバランスよく配合されている青汁を飲んでいれば安心です。

今の人は普段の食事から摂取する食物繊維が極端に不足しています。毎日青汁を飲んで、便秘対策を行いましょう。

 

☆毎日1杯青汁を飲んで健康を維持しよう☆

 

aoojiru11

ケール、大麦若葉、ゴーヤーの3つの栄養豊富な野菜をバランスよくブレンドした青汁三昧。高い栄養価と飲みやすさでリピーター続出しています!手頃な価格で日々の野菜不足を補うことができるので人気があります。

青汁三昧に含まれる栄養素は、β-カロテン、カルシウム、葉酸、鉄分、カリウム、マグネシウム、ビタミンC、食物繊維、ビタミンB1など27種類もあり、日常の野菜不足も手軽に補えます。

食物繊維はキャベツの約3.8個分なので、毎日のトイレがスムーズになり、気になるお腹のポッコリも自然とほっそりしてきます。

青汁三昧は消費者庁の定めた規格基準をビタミンCでクリアしています。2包で1日に必要なビタミンCの90%以上を補うことができます。

販売累計10億杯突破の美味しい青汁 『青汁三昧』の公式サイトはこちらから

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダイレクトテレショップ【青汁三昧】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事