青汁でファスティングシェイプアップに挑戦!

この記事は2分で読めます

 

ファスティングというのは断食を意味します。

食事を体内に入れるのを控え目にして、健康促進や美容効果に駆使するなどの意味を込めて実践されています。

女性の人の間でプチ断食と呼ばれるファスティングが今話題を呼んでおり、プチ断食に最適な食品として、青汁が活用されています。

断食だというのに食事を取ることを異様に感じられる人もいると思われますが、プチ断食は絶食をするのとは違って、いつもより少ない食事量にチェンジして、徐々にシェイプアップすることを目指したやり方が多くなっています。

極度のダイエットに陥らないため、健康的にダイエットすることができるのがポイントです。

青汁で行われるプチ断食は、1食分をこの食品だけに頼るという置き換えダイエットとして活用されます。

一般的な商品よりも、豊富な果物を材料に加えている商品で、ファスティングが行われるのが普通です。一般的な青汁は置き換えダイエットに向きませんので、ご注意ください。

置き換えダイエット用のものに活用されている、フルーツや野菜から抽出された酵素の働きにより、少ない摂取カロリーでも健康的にダイエットできると評されています。甘味を感じ取りやすいことから、継続的に飲みやすくなっています。他の飲料で割って飲んでも問題ありません。

短期の間で体重が落ちないなら、2日間でチャレンジする置き換えダイエットが向いています。

1日3食を置き換えるというハードルが高い方策ですが、1食で飲用する青汁の量を多くするのがベースになります。とても低いカロリーですので、何杯飲用しても体重が増加する心配が少なくなっています。

ただし、3食丸々を同様のパターンにするのではなく、1日のうち1食~2食に軽い食事をプラスするなどしてダイエットが過激になるのを阻止します。

この方法は2日を上限数としましょう。しばらく日数をおいてから再び開始するようにしますが、身体の調子を見ながらもう少し緩めの方法で置き換えダイエットにトライしてみるなどの工夫してみます。

1日のうち2食だけ食事内容を軽めにして、青汁を1杯飲むというパターンに変更してみましょう。置き換え以外の食事は普通に食べます。

これらのやり方はややエキスパート向けのダイエット方法ですので、初心者の人はゆっくりとダイエットが望める、ハードルの低いやり方からチャレンジしてみることをオススメします。

初心者の人向けのやり方として人気なのが、朝ご飯だけを置き換えるダイエットです。

朝は空腹感が強い時間帯ですが、酵素はお腹が空いている時によく吸収されるため、効率的にダイエットできるメリットがあります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事