青汁がアトピー性皮膚炎を改善する?

この記事は2分で読めます

長寿化となり、高齢になっても元気なお年寄りが多く、日頃の健康管理が重要であり、毎日の食生活や適度な運動などの生活習慣を改善する人が多くなりました。とくに食生活に関しては、毎日の積み重ねであり、動物性たんぱく質ばかりを摂取したり、ジャンクフードやお酒の飲み過ぎも気を付けなければいけません。

体の内臓機能は一度大きなダメージを受けると、修復能力が乏しく、良い状態を保つためには人工的な処置を行うか、食事療法などにより改善を目指すほかなく、改善といっても食物により体質改善をする場合、食事摂取の栄養管理と摂取量のバランスをしっかりと管理し、長期で改善しなければいけないため、非常に難しいといえます。

6f5a08dab73371569da2c6de8885a884_s

中高年以降に、クリニックなどで検診を受けると、体の各機能を数値化してデータとして取られることがあり、その結果数値の異常や将来に対しての懸念がある場合、その後の健康管理が重要となります。

近年、健康ブームとなるとサプリメント摂取で、不足した栄養を補う人が多くなると、市場は一気に広がりを見せ、多くのサプリメントが販売されるようになりました。とくに、野菜不足が健康面への影響が大きく、食生活が乱れがちなサラリーマンやOLに野菜不足を補うためのサプリメントである青汁が人気となっています。

青汁は、粉末タイプでお水やぬるま湯に溶かして飲み、従来製品では青臭くてまずいというイメージが大きかったのですが、近年販売される製品の多くは、飲みやすく味が調整されています

aojiru

アトピー性皮膚炎のようなアレルギーは血液の流れの異常が皮膚や神経に作用し、かゆみや炎症を引き起こすことが多く、遺伝的要素や生活習慣により引き起こすことが多いと言われています。また、新たな原因として、国が豊かになり抗菌をする習慣が高くなることや、医療の発展でウイルス対策ワクチンなどの発展が、細菌への抵抗力低下となり、アトピー性皮膚炎となることもが増加しました。

青汁を飲むことでアトピー性皮膚炎が改善したという話をよく耳にしますが、確かな根拠はなく、ただし、野菜摂取により腸内環境の改善が代謝を高め、免疫力が向上することでアトピー性皮膚炎が改善したという例があります。

確かなことではないにせよ、食生活が健康的な生活の役割を果たすという点では、一躍を担っており、青汁を飲む人が増えたということになるでしょう。食事を摂る前に、水に溶かして飲むとより効果が得られるでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事