遠赤青汁のこだわりとは

この記事は2分で読めます

青汁と言えば健康食品の代表格とも言える存在であり、沢山の方に親しまれています。現代人は野菜不足に陥っていると言われていますので、野菜不足への対策をする為にも青汁を活用するのはとても良い事だと言えます。そして身体に直接入るものになりますのでしっかりと吟味した上で青汁選びを行う事が大切ですが、安心安全に楽しむ事ができる青汁を望まれる方には遠赤青汁が打って付けです。

aojiru2

遠赤青汁には色々なこだわりが詰まっていますが、まず主原料に用いられているケールは冬場の収穫にこだわっています。ケールは各種ビタミンをはじめ、ミネラルやカルシウム、食物繊維、ギャバなどの栄養成分がバランス良く含まれている野菜ですが、このケールというのは冬場になると栄養が凝縮されると言われています。

aojiru1

冬場の寒い時期というのは成長が緩やかになりますので、味も成分も凝縮された状態になるのです。

また、遠赤青汁に利用されているケールは農薬や化学肥料にも頼っておらず、有機栽培で育てていますので、生でも安心して食べる事ができるほど安全性が高いのが特徴です。そして安全性を確保する為に100%国産なのも遠赤青汁のこだわりです。ケールは栄養価が高いとして知られていますが、しかしいくら栄養価が高くても、どこでどのように作られたのか分からないような原料ですとやはり不安を感じてしまうものです。

aojiru3

遠赤青汁のケールは契約農家のみから仕入れていますので、安全性の高い青汁に仕上がっています。もちろん無添加の青汁ですので小さなお子様にも安心して飲ませる事ができますし、無添加ゆえに原材料本来の味を楽しむ事ができるのです。余分な物を一切配合していない青汁ですので、安全性を重視される方に最適と言えます。

因みになぜ遠赤青汁と呼ばれているのかと言いますと、遠赤外線を利用して製造しているからです。独自の製法でケールを常温乾燥させているのですが、常温乾燥させる事によって素材の色や香り、そして栄養価を損ねずに済みます。さらにはギャバやアミノ酸も増加すると言われており、より栄養価の高いケールに仕上がっています。

このように遠赤青汁にはケールが配合されているのですが、ケールには独特の苦みなどがありますので、あまり得意ではないという方も多い事でしょう。そういった方には粒タイプが最適です。全く苦味などを感じずに飲む事ができますし、手軽に青汁の栄養を補給する事ができます。また、粉末タイプなどを利用する際にはミルクに混ぜるなどする事で苦味も感じ難くなりますので、アレンジして楽しむのも良いと言えます。

 

☆遠赤青汁 V1のご購入はこちらから☆

 

遠赤青汁には、近年注目の「コエンザイムQ10」や「ルテイン」、「γ-アミノ酪酸(ギャバ)」などが豊富に含まれています。含まれる栄養素は全部で57種類!野菜不足・栄養の偏りをご心配の方に、遠赤青汁はオススメです。

遠赤青汁 V1 500粒 ビン入り
『遠赤青汁』の詳細はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
enseki.jpg

europa bodybuilding
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事