葉酸が含まれている青汁の効果

この記事は2分で読めます

 

妊娠をすると沢山の栄養が必要となり、バランスの取れた食生活が必要になります。様々な栄養素の中でも葉酸は厚生労働省が推奨している栄養素で妊婦には不可欠です。

妊娠中に摂取することによって、お腹にいる赤ちゃんの神経菅閉鎖障害の予防が期待できます。神経菅閉鎖障害は神経菅におこる先天性異常で、発症には様々な原因が挙げられているのですが、その一つが妊婦の葉酸不足とされていますので、最適な摂取方法としては、妊娠をする約一ヶ月前からの摂取が推奨されています。

7916975c58ade268839f3ced9ff0f91b_s

サプリメントなどで摂取することも手軽で簡単なのですが、サプリメントの中には添加物も含まれている物もありますので、お腹の赤ちゃんの事を考えると、安全で最適なサプリメントを選ぶ事が大切になります。

その他には野菜から取り入れる方法があるのですが、毎日必要な量を食事から摂取することは、なかなか難しいのが現実で、しかも葉酸は水溶性のビタミンなので、調理をすると溶け出してしまい食事からの摂取はとても難しいです。

しかし、現在はサプリメントと並んで青汁から葉酸を摂取される方が多く、青汁は加熱されていない野菜の栄養が詰まった飲み物なので、妊娠中に固形の食事が苦手になる妊婦の方も比較的、毎日摂取しやすく、必要な栄養分も手軽に摂取できますので、妊娠中にはお勧めですが、サプリメントと青汁を摂取すると、一日に葉酸を必要以上に摂取してしまいますので注意が必要となります。

青汁

現在発売されている青汁の中には、葉酸が含まれていない種類もありますが、ケールと呼ばれるキャベツが原種の野菜が含まれている青汁には、葉酸だけではなくビタミンやカルシウム、ルテイン、食物繊維、葉緑素など妊婦に必要な栄養が多く含まれており、ケールは緑黄色野菜の王様と呼ばれるほど栄養価の高い野菜です。

またケールに含まれるビタミンは他の野菜の何十倍ともいわれていますので、ケールの含まれた青汁を飲むことによって、妊婦にもお腹の赤ちゃんにも必要な栄養を得ることができます。

また現在の死亡原因の一つといわれている生活習慣病は野菜が不足している食生活を続けている事や運動不足、喫煙、ストレス、過度の飲酒などが重なると生活習慣病にかかるリスクが高まります。その為、青汁を毎日の生活の中で取り入れることによって、不足している栄養素を摂取できますので生活習慣病の予防や改善につながります。

また抗酸化物質も含まれていますので活性酸素を除去しガン予防の効果があるといわれています。

 

☆女性に必要な栄養素「葉酸」がたっぷり入ったおすすめ青汁☆

 

%e7%be%8e%e5%8a%9b%e9%9d%92%e6%b1%81

カリスマエステティシャン高橋ミカプロデュース『美力青汁』は、ママとベビーのための葉酸たっぷり青汁です。

★妊娠中や美肌作りに欠かせない「葉酸」「食物繊維」「鉄分」「ミネラル」「カルシウム」「マグネシウム」など不足しがちな栄養をたっぷりバランスよく補えます。
・女性に必要な栄養素「葉酸」を1杯あたり200ugも配合!
・食物繊維が豊富で、妊娠中に起こる便秘を解消できます!

★原材料は100%九州産大麦若葉で安心安全!
妊娠中や授乳中でも安心して飲めるよう農薬不使用の国産(九州)原料にこだわり、妊婦さんや授乳中のママが気になるカフェインはゼロ!100%無添加の青汁です。
苦みやクセがなく、つわりに悩まされている時期でも、のどごし爽やかで後味すっきり!
『美力青汁』の詳細はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
妊娠中の葉酸、大麦若葉を高配合!高橋ミカの美力青汁


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事