腸内環境を整える乳酸菌入り青汁!

この記事は2分で読めます

 

現代人は食習慣が欧米化したことにより、食物繊維や鉄分などの身体に必要な栄養素の摂取が足りていないとよく指摘されています。

足りない栄養素を低カロリーな飲み物として補給してくれるのが、青野菜を主な原材料とする青汁です。ケールや大麦若葉、桑の葉などの栄養価の高い青野菜から作られています。定期的に飲むことで、不足しがちな栄養を体内に手軽に取り込むことが可能です。

daf3c2d6f2988226e5dc9a74133d6dbd_s

最近の青汁だと、乳酸菌が含まれている商品が目立つようになりました。乳酸菌とは人の腸内に生息する、細菌の一種です。善玉菌に分類される菌であり、悪玉菌とのバランスで、腸内環境を作り上げています。

善玉菌は病気やストレス、ホルモンバランスなどの、ほんの僅かな体調の変化で、減少してしまうことがあります。

善玉菌が減少すれば悪玉菌優位なバランスに変化し、腸内環境が乱れてしまいます。

110610

便秘や下痢などの排泄機能の問題が生じたり、腸内で必要な栄養素を取り込めず、免疫力の低下や肌荒れなどのトラブルを招いてしまいます。

減少してしまった善玉菌を増やしてくれるのが、口から摂取する乳酸菌です。善玉菌そのものですので、直接腸に届くことで、悪玉菌を減らし、健康的な腸へとよみがえらせることに役立ってくれます。

便秘しがちでお腹が張ってしまう、スキンケアを丁寧に行っても肌荒れがよくならない、下痢を頻繁に繰り返して体力を奪われてしまうといった、悩みを持っている人に向いています。腸の状態が良好な人であっても、予防目的として今から定期的に摂取しておくことが大切です。

乳酸菌である善玉菌の餌となるのが「オリゴ糖」です。

3c7b75ca57878f3e3cd511c62ae11c37_s

青汁の原材料には微量ながらオリゴ糖が含まれるため、善玉菌と相性のよい飲み物だといえます。さらに作用を強化するために、豊富なオリゴ糖を配合している商品なども存在します。

善玉菌は口からたくさん摂取したとしても、腸まで届いてくれなければ意味がなくなってしまいます。熱や胃酸に弱い菌であるため、熱や胃酸の障害を乗り越え、効率よく腸まで届ける技術を持って製造された青汁を選ぶことをおすすめします。

腸内環境を整えるには、善玉菌を増やすことばかりに注目するのではなく、バランスよく栄養を届けることも重要な部分です。

青汁にはビタミンやミネラルが豊富に含まれていることから、バランスのよい飲み物として活躍してくれます。コップ1杯飲むだけで、1日に必要な栄養を多く取り入れることができるのが魅力です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事