粒タイプなので飲み易い青汁酢

この記事は2分で読めます

1日に推奨されている野菜の摂取量は350gです。350gというのは結構な量ですので、意識的に食べるようにしないと十分に補う事はできません。その為、日頃から野菜を摂り入れている方も多いのですが、しかしながらそういった方でも350gには届いていない事が殆どとされています。つまり日本人の多くは野菜不足になっている訳ですが、野菜を効率的に補う為にも最適なのが青汁です。

a0002_011930

青汁には食物繊維やビタミン、ミネラル、ギャバ、カルシウムなどの様々な栄養素がバランス良く配合されていますので、現代人の野菜不足への対策として最適と言えます。幸いにも今では色々な青汁製品がありますので手軽に青汁を楽しむ事ができますが、ただ青汁が苦手な方も少なくないのです。

独特の青臭さだったり苦味があったりしますので飲むのに抵抗があるという方も珍しくありませんが、そんな方には青汁酢が最適と言えます。青汁酢は粒タイプの青汁製品になりますので、飲むのは苦手という方も安心ですし、小さなお子様の健康管理にも役立てる事ができます。

sapuri

そもそも青汁の恩恵を受ける為には毎日継続する事が重要ですので、手軽に活用できるかがとても大切です。どんなに栄養価があっても続けられないようではあまり意味がありませんが、こういった粒タイプなら負担にもなりませんので継続して取り組む事ができるのも魅力です。

青汁を飲む際には栄養価も気になるものですが、青汁酢には豊富な材料が配合されています。5種類の青汁をはじめ、ウコンやカルシウム、ビタミンなど、現代人が不足しがちな栄養素がしっかりと配合されていますので、栄養補給として役立ってくれます。また、健康のサポートをしてくれるだけでなく、美容面にも有効な栄養素も配合されていますので、美容の為に何かをしたいと考えている方にも最適と言えます。

ff272b4ac745a25414419db7a0ec6870_s

因みになぜ青汁酢という名称なのかと言いますと、それは黒酢エキスも一緒に配合されているからです。そして黒酢エキスは必須アミノ酸を豊富に配合していますので、この成分の働きによって健康や美容を促進する事ができると言われています。黒酢もそのまま飲む場合ですとかなりのクセがありますので、栄養価が高くてもなかなか飲めないものですが、青汁酢のように粒タイプですと気軽に摂取する事ができます。

携帯に便利な小袋入りですので出張などの際にも持って行く事ができますし、小粒で飲み易くなっていますのでいつでも簡単に青汁の恩恵を受けられます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事