生きた酵素と乳酸菌が入った「生青汁」の魅力をチェックしてみましょう

この記事は2分で読めます

青汁を楽しみたい時にはしっかりと吟味して製品選びを行う事が大切と言えます。身体に直接取り入れる事になりますし、基本的には毎日飲み続ける必要がありますので、安心して飲めるかどうかがとても重要になります。

ただ現在では数多くの青汁製品が登場し、豊富な選択肢がある状態です。その為、製品選びに迷うのも仕方ありませんが、そういった時には口コミランキングが便利です。人気の製品も簡単にチェックできますので、迷ってしまった時には確認してみると良いでしょう。

では口コミランキングではどんな製品が人気なのかと言いますと、トップクラスの人気を誇っているのが生きた酵素と乳酸菌が入った「生青汁」です。

aojiru

健康の管理の為には1日に350g以上の野菜を摂取する事が大切とされていますが、日本人のどの世代も目安を満たしていないと言われています。生きた酵素と乳酸菌が入った「生青汁」にはそういった野菜不足の現状をサポートする為の栄養素が豊富に配合されていますので、日々の野菜不足を解消する為にも最適です。

aojiru6

拘りの原材料が用いられていますので安心して飲む事ができるのも人気の秘密です。生きた酵素と乳酸菌が入った「生青汁」の主原料として国産の大麦若葉が採用されていますが、国内の契約農家から取り寄せている信頼のできる原材料ですので安心して楽しむ事ができるのです。もちろん農薬や化学肥料は不使用ですので農薬などの影響が気になる方にも最適ですし、小さなお子様の健康管理にも利用できます。

aojiru5

青汁を敬遠される方の中には味が苦手という方も多いのですが、生きた酵素と乳酸菌が入った「生青汁」はそういった点にも対策がされています。まず主原料である大麦若葉には強い苦味などがありません。

また、生青汁の原材料の一つにケールがあります。このケールは”野菜の王様”とも呼ばれ、非常に高い栄養価がバランスよく含まれています。しかし、ケールには独特の苦味や青くささがあり、これが一般的に青汁に持たれる「飲みにくさ」のイメージの原因なのです。いくらケールが野菜の栄養を補うのに優れていても、口に合わなければ毎日続けることはできません。

そこで、日本人に馴染み深い味の緑茶とほうじ茶を絶妙なバランスで配合することで、苦味や青くささをなくし、さらにお酒に混ぜたときにとても美味しくなるよう仕上がっているのです。

大麦若葉が主原料の生きた酵素と乳酸菌が入った「生青汁」は非常に飲み易く、苦味などが不得意な方でも安心と言えます。また、抹茶のような味わいとなっていますのでゴクゴク飲む事ができ、後味もスッキリしています。実際にアンケートでも多くの方が飲み易いと実感していますので、他の青汁製品では飲み難かったと感じている際には挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。

aojiru2

もしどうしても飲み難さを感じる時には牛乳などに混ぜて飲むのも良いと言えますし生きた酵素と乳酸菌が入った「生青汁」は溶け易い粒子ですので簡単に溶かせるのも魅力です。

また、生きた酵素と乳酸菌が入った「生青汁」には、生きた乳酸菌が配合されています。生きて腸まで届く乳酸菌は、善玉菌を増やして腸内環境を整え、免疫機能を向上させる効果が期待できるのも魅力です。

1杯に201億個の乳酸菌と野菜の栄養が一緒に摂取できる無添加の青汁なので、栄養バランスが気になる方におすすめの青汁です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事