甘くておいしいキューサイの青汁「はちみつ青汁」

この記事は2分で読めます

 

ビタミン類、ミネラル、食物繊維など体に必要な成分をたっぷり含んだ野菜は、一日に350g摂取する必要があります。350gといえば中くらいのボウルにいっぱいくらいの量になります。一日3食でそのくらいの量の野菜を毎日摂取できている人がどのくらいいるでしょうか。

kyusaiaojiru

多くの人がそれだけの野菜を摂取できていないでしょう。

野菜が不足すると、免疫力が低下して感染症にかかりやすくなったり、カルシウム不足で骨や歯がもろくなったり、カリウム不足で塩分の排出が鈍くなったりします。すると高血圧症を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる病気にもなってしまいます。

また野菜に豊富に含まれている食物繊維は便秘を防ぎ、老廃物の排泄にも役立つのです。これらのように野菜は体の健康を保つうえで大きな役割をになっているのです。

ただ一日350g もの野菜を摂取することはなかなか難しいことなので、簡単に野菜不足を補えるように開発され販売されているのが青汁です。

青汁

それは緑の葉物野菜をはじめいろいろな野菜をジュースにしたもので、数十年前からありましたが、味がおいしくないのでバツゲームにも使われていたほどです。おいしくなければ、いくら栄養が一度に摂れて体に良いとわかっていても、毎日飲続けることができなくなります。

そこで最近よく販売されているのが、おいしい青汁です。たくさんのメーカーが研究をしておいしくて飲みやすく、毎日続けやすい青汁を販売していますが、キューサイの青汁ははちみつが配合された甘くておいしいものです。

キューサイは、ケールをまるごと粉末化した濃厚な青汁に山田養蜂所のはちみつを入れています。

ba2ea5df98221ff75cd0caeebf4cff3a_s

初めて青汁を飲んでみた人も「これならおいしい」「毎日続けられる」といわれるほど、抵抗なく飲むことができるのです。だからヨーグルトや牛乳に混ぜたり、ホットケーキに混ぜたりしておやつ感覚で摂取することができるのです。

キューサイの青汁はスティック2本分で生野菜が140gも補えるので、食事では後約200g摂取すればよいのです。キューサイは誰でもがおいしく飲めて、毎日続けられるような商品を試行錯誤して考え、初めての方でも小さい子どもでも、甘く手ごくごく飲めるものを開発したのです。

しかもキューサイでは徹底した自社管理体制のもとでケールの栽培から行っているため、常に高品質で安心して飲むことができるのです。

hatimituaojiru4

子どもも含め実際に飲んだ人の95%の人が「おいしい」「これなら飲める」という回答をしている商品です。続けることに意味があるものだからこそおいしいものを提供しています。

 

 

☆キューサイ はちみつ青汁のご購入はこちらから☆

 

キューサイがこだわる青汁の原料ケールは、ビタミン・ミネラル・食物繊維など、現代人に不足しがちな栄養素を補うことができる「スーパー野菜」。特にカルシウム、カロテン、ビタミンCなどを多く含むのが特長です。さらに厳格な基準を設けた品質管理のもとで作られた山田養蜂場の熟成はちみつは、アミノ酸やビタミン類を多く含んだエネルギー源であるとともに、ケール青汁に含まれるミネラルなどの吸収性を高めてくれます。

 

ほんのり甘く、なめらかな口当たりが好評の「はちみつ青汁」は、初めて青汁に挑戦する方にもおすすめです。

キューサイ『はちみつ青汁』の詳細はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
hatimituaojiru3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事