山本漢方の大麦若葉の青汁

この記事は2分で読めます

 

山本漢方は製薬会社で、漢方と生薬を主に扱っています。サンプルの申込もできるため、お試ししてから購入できるのがうれしいところです。そんな山本漢方の青汁は大麦若葉が原料となっています。

特徴として青汁として飲みやすいようにと超微粉末にしてあるということです。これによって水で溶かしても溶けやすくなっています。大麦若葉は青汁の代表的な原料であるケールや明日葉と比べても飲みやすいということで有名ですが、山本漢方の青汁は匂いや味にクセがなく、素材本来の味を楽しむことができます。

yamamotokannpouaojiru1

1日1杯から2杯を飲むのが目安ですが、飲むタイミングについては薬ではありませんのでいつでも好きな時に飲めば大丈夫です。ただ毎日続けることが大切なので、飲み忘れないように毎日同じ時間帯に飲むようにすると良いでしょう。

妊娠中や授乳中も関係なく飲むことができるのも良いところです。山本漢方では大麦若葉を契約農地で無農薬栽培にこだわり、しっかりと管理監督しながら育てて青汁に使用しています。

1日に必要な野菜は350グラムだといわれています。しかしそれだけの野菜を毎日摂取するのはかなり大変なことです。経済的にも野菜が高騰してしまう時期もありますから続けるとなると難しいでしょう。

yamamotokannpouaojiru2

しかし山本漢方の青汁ならば、スティック1本分3グラムで野菜不足を改善することができます。1本分には鉄分がほうれん草2株分ほど、総カロチンがトマト1.4個分ほど、食物繊維がレタス3分の1個分ほど含まれています。

他にも各種ビタミン、葉酸、カテキン、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、カリウム、カテキン、クロロフィル、SOD酵素などが含まれているので栄養満点です。

024

特にSOD酵素は発生する活性酸素を無力化するので体やお肌のアンチエイジングにぴったりな大切な成分なのです。

フレッシュな味を楽しみたい方はそのままお水で溶かして飲むのが良いですが、毎日飲むのだから味を変えて楽しみたいという方には牛乳や豆乳、バナナシェイクに混ぜて飲んでもおいしいのでオススメです。

yamamotokannpouaojiru3

また粉末ということで溶かすのではなく、あえてヨーグルトやアイスクリームなどにふりかけて食べるのもおいしいです。ホットケーキのミックスに混ぜてから焼くとお子様も食べやすくなります。

yamamotokannpouaojiru4

青汁はすぐに効果がわかるものではありません。効果を実感するのは人それぞれですが、早くても数か月かかりますし、遅ければ1年ほどかかることもあります。ただ毎日続ければ少しずつ変化が出て体質改善されていくのです。健康のためにも焦らずに続けてみましょう。

 

☆山本漢方の大麦若葉粉末100%の青汁のご購入はこちらから☆

 

山本漢方の大麦若葉粉末100%の青汁は、水に溶けやすい超微粉末にした“おいしい青汁”です。匂いや味にくせがなく、素材本来のシンプルな味と香りは毎日飲んでも飽きのこないおいしさが魅力です。天然の各種栄養成分が数多く含まれ、野菜素材として健康に役立つ魅力ある純粋100%の青汁です。

製薬会社ならではの管理体制のもと全ての工程において徹底した品質管理をし、20年以上前から全ての原料の残留農薬検査を行っているので安心して愛飲できます。

『山本漢方の大麦若葉粉末100%の青汁』の詳細はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
yamamotokannpouaojiru

 

http://trenbolone.expres-sresult.eu/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事