妊活には青汁を試してみると良い!

この記事は2分で読めます

 

子どもが欲しいと思っても、中々できないと悩んでいる女性は多いです。妊娠しにくい体質になっているのには、ホルモンバランスの乱れが原因の一つとなっています。

現代人の生活は生活時間帯が不規則であり、精神的ストレスがたまりやすい環境にあります。不規則な生活習慣やストレスは心身の状態を崩しやすくし、その結果ホルモンバランスも悪くなってしまうのです。

ホルモンバランスが乱れてしまうと、排卵が正常に起きないようになり受精卵の着床の確率も低下していきます。

016

妊娠をする体質になりたいと思うなら、ホルモンバランスを整えることが一番です。

基礎体温が安定していない人はホルモンバランスの崩れが原因となっている可能性が高いので、ホルモンの状態を整えることを特におすすめします。

バランスを整えるのには、規則正しい生活を送ること、女性ホルモンの分泌を増やす効果がある成分を摂ること、血の流れを良くして体温を上げることをします。

72a4205983a83053b4b12085de0e40c1_s

不規則な生活からくる睡眠不足などは、女性ホルモンの分泌を低下させます。

血行不良による冷えもホルモンの働きには悪影響です。妊娠しやすい体にするには充分な睡眠をとり、適度に運動をして筋肉をつけ血行促進するようにしましょう。

食事の中で女性ホルモンの分泌を活性化する鉄・カルシウム・葉酸を、積極的に食べると更に妊活の効果がアップします。

043

ホルモン量を増やすのに欠かせない鉄・カルシウム・葉酸を効率良く摂るには、青汁を飲む方法もおすすめです。

青汁はこれらの成分が豊富に入っているので、手軽に摂ることができます。鉄などは体に吸収されにくい性質がありますが、体内に取り入れやすいよう作られているので食事から摂るよりも吸収できます。

栄養補助食品の中には妊活に効くサプリなども扱われていますが、青汁は天然素材でできている商品ですので体にも副作用がなく安心です。

1日に摂るべき主要栄養成分であるビタミンとミネラルも入っているので、これを飲むことで様々な栄養成分の不足も解消できます。

034

より妊活に効果のある青汁として、原材料にフルーツも配合されているタイプだと妊娠の確率がより上がります。

フルーツ入りのタイプは栄養価が高い酵素が入っているので、野菜だけしか使われていないタイプよりも配合されている酵素の量が多いです。

酵素は元気な卵子を作るのにも必要な成分ですので、良い酵素が入ったフルーツ入りタイプを飲む方が良いでしょう。美容成分もたくさん入っているので、キレイになることもできます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事