妊婦さんはノンカフェインに近い青汁を利用する!

この記事は2分で読めます

 

青汁の原材料となるケール、大麦若葉、明日葉には、微量ですがカフェインが検出されています。

その為、100パーセントノンカフェインと言える青汁は見つけられない可能性が高いです。

妊婦さんは最もカフェインの過剰飲用を心配しているものですが、微量であれば問題ないとされているようです。

また、妊婦ではなくても睡眠障害、胃腸障害、自律神経失調症、貧血の人もカフェインによって症状が悪化する可能性だってあるので、摂取は最低限にとどめたほうが良いでしょう。

ノンカフェインに近いものを選び出すには、飲みやすくするための抹茶や緑茶が加えられていないものを選ぶのがポイントになります。

日本ではカフェインの摂取量についての明らかな上限量は取り決められていませんが、海外では1日あたり200?300mgとしていることがほとんどです。

ドリップコーヒー150ml中には100mgのカフェインが含まれているので、ドリップコーヒーだとすれば1日2?3杯が上限です。

青汁にはハッキリとカフェイン量が表記されているものが少ないですが、味を整えることを目的に僅かな抹茶や緑茶が使用されているものであれば、5?6杯までならば構わないでしょう。ただし、飲み過ぎるとお腹がゆるゆるになることがあるので気を付ける必要があります。

ノンカフェインに近い青汁には、明日葉、大麦若葉、桑の実のみが原材料として使用されているものがあります。カフェインはほぼ0です。また、明日葉に特有のカルコンという成分には、体の巡りをよくして老廃物を排出してくれる効果が期待できます。

ちなみに、カフェインの過剰飲用が妊婦さんにはNGと言われている理由は、流産や死産の危険度が高くなるからです。

妊娠中はカフェインを分解・排出するのに普通の人の3倍を超える時間がかかります。長く身体の中にとどまってしまい、母体と胎児に対してのカフェインの作用が強くあらわれる可能性があります。

カフェインは胎盤を介して胎児に移行して、母体と同じ血中濃度になってしまいます。胎児の肝臓の機能は未発達なため、カフェインを排泄できなくなり、高濃度のカフェイン中毒となってしまう可能性があります。

また、カフェインには血管を収縮させて血液の流れを悪化させてしまうと言われています。これによって、必要不可欠な栄養分が届きにくくなり、発達に遅れが出る可能性があります。

カフェインの摂取し過ぎによる流産の危険性は通常の2倍以上に跳ね上がると言われているので、気をつけましょう。

ノンカフェインに近いものを選べば、妊娠中に摂取したい葉酸、食物繊維、ビタミン、ミネラル、アミノ酸を全般的に摂れるので、むしろ役立つ可能性があると思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事