味や栄養素が違う青汁の原材料の種類!

この記事は2分で読めます

 

一言で青汁と言っても、製品によって使われている原材料は違います。原材料が違うことによって、特徴の違う製品が数多く販売されています。青汁の原材料として使われるのは、主に3種類の野菜です。

昔から原材料として使われているのは、キャベツの一種であるアブラナ科の「ケール」です。

kale-233127_640

ケールには、ビタミンAとカルシウムが豊富な特徴があります。また、ビタミンAやビタミンB群などの含有量も、緑黄色野菜のなかでトップクラスです。各種ビタミンを一気に摂取できるのが、ケールの特徴と言えるでしょう。

しかし、ケールの特徴として優れているのは、ビタミンだけではありません。ミネラルや葉酸、タンパク質などの含有量も豊富で、ルテインやメラトニンも摂取できます。一つの野菜でこれだけの栄養素を摂取できるのが、昔から原材料として使われている理由といえるでしょう。

しかし、ケールにはデメリットとして、非常に苦い特徴もあります。そのため、原材料としてケールを使っていると苦味が強く、一般的に青汁はまずいと言ったイメージになっています。ケールよりも飲みやすいとされるのが、「大麦若葉」です。

grass-383284_640

大麦の成長段階で摘まれた大麦若葉は、ケールよりも苦味が少なく飲みやすいです。ですから、苦味が苦手な方は、大麦若葉を主原料として使っている製品を選ぶと良いでしょう。

苦味はケールより抑えられていても、含まれている栄養素は優秀です。ケールと同じくビタミンB1にビタミンCなどの各種ビタミン、カルシウムを豊富に含み、葉酸やカリウム、マグネシウムも含有しています。

また、酵素も多く含んでいることから、抗酸化作用が高いのも大麦若葉の特徴です。ケールの代わりに使われることが多い原材料でも、含まれている栄養素で見劣りすることはありません。

大麦若葉と同じく飲みやすいとされるのが、「明日葉」です。

asitaba

明日葉はスッキリとした後味が特徴で、飲みにくさを感じることは少ないです。含まれている栄養素も、ビタミンB群やビタミンC、カルシウム、カリウムを多く含むので、ケールや大麦若葉と遜色ありません。

また、明日葉特有の栄養素としては、カルコンです。カルコンは強い抗酸化作用があり、明日葉に含まれています。

青汁ではケール・大麦若葉・明日葉の他に、よもぎや緑茶を使った種類も販売されています。それぞれの種類で味や含まれている栄養素などは変わってくるので、青汁を購入するときは種類ごとの違いで決めると良いでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事