原材料別にみる青汁の栄養とその役割

この記事は2分で読めます

 

健康食品として古くから有名な青汁には、たくさんの栄養が詰まっています。青汁といっても、全ての商品が同じ原材料を使っているわけではありません。特定の野菜だけを使っている場合と、数種類をブレンドしている例がよくあります。

昔ながらの独特の味がする青汁に使われているのが「ケール」です。キャベツに似た野菜であり、栄養価に優れています。

b7676a617eb23d98d5786510cad91bff_s

基本的な成分として、ビタミンCやE、βカロテン、カルシウムに植物繊維、ルテインなどをバランスよく含んでいます。ビタミンCやE、ベータカロテンは肌の健康維持のためとしても有名な成分です。カルシウムは骨を丈夫にし、食物繊維は腸内の老廃物をスムーズに体外へ排出してくれます。ルテインは目の健康をサポートします。

この他にも、メラトニンという成分を含んでいます。メラトニンは自然な眠りを促してくれる作用を持っています。寝付きが悪いという人に、おすすめの成分です。

ケールよりも飲みやすい青汁の原材料として、盛んに使われるようになったのが「大麦若葉」です。苦味が少なく、多くの人の味覚に合いやすいのが魅力です。

oomugi

ビタミンやミネラルなどの栄養に加えて、SOD酵素や鉄分、アミノ酸にクロロフィル、食物繊維をたっぷりと含んでいます。

あまり聞き慣れないSOD酵素ですが、これにはエイジングケアに働きかける作用があります。色素沈着を予防して、紫外線によるシミの発生を抑えてくれます。ハリが失われがちな肌を元気にする作用も持っています。貧血気味の人は、大麦若葉に含まれる鉄分をたっぷりと取りましょう。

アミノ酸は身体のあらゆる部分に関わる成分です。細胞を活発にし、肌のターンオーバーに貢献してくれます。体内の余計なコレステロールを排出する能力を持つのが、クロロフィルの役割です。生活習慣が気になる人なら、積極的に摂取したいものです。

asitaba

「明日葉」は青汁に単独で含まれるというよりも、大麦若葉などの原材料と一緒に作られることが多い存在です。ビタミンB群やカルコン、ルテオリンなどの栄養を含みます。

ビタミンB群は疲労回復や代謝を促すのに役立ちます。デトックス作用を持つカルコンのおかげで、老廃物の蓄積を防ぎます。ルテオリンには利尿作用があるため、むくみが気になる人におすすめです。

塩分のとり過ぎが気になる人は水分をよく飲み、ルテオニンの力を借りて、高血圧症や動脈硬化などの病気予防をしてみるとよいでしょう。
これら以外にも、たくさんの優れた原材料が存在します。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事