冷凍青汁にある魅力

この記事は2分で読めます

 

青汁が世に知られるようになった頃、それは大半が冷凍によって消費者に届けられ、それを解凍して飲むというのが一般的でした。しかし、青汁の効用が広く知られるようになって、手軽に簡単に飲めるようにと、粉末状のものが多く市販されるようになり、忙しい毎日を送る人々のほとんどは粉末の状態を普通だと思って飲んでいるのではないでしょうか。

kyu-saike-ruaojiru1

確かに、粉末状態のものは飲みたいと思った時にすぐに飲めますし、時間も掛かりませんから、手軽さという面では魅力の高い製品と言えるでしょう。しかし、昔ながらの冷凍状態で届けられるものにも長所がたくさんあります。

まず、青汁というものは天然の野菜や植物を使って作られるものであり、その天然成分が効果を発揮して人々に健康を与えているわけです。ですから、出来る限りその原料を手を加えないそのままの状態で摂取した方がよいという事になります。

yasai

流通の経過により、どうしても新鮮な植物を届けられないという事実もありますが、これらの問題を一挙に解決出来るのが冷凍という提供方法なのです。主婦の方はもちろん、自宅で自炊をしている方などは、野菜に限らず、様々な食品の鮮度を保つために冷凍保存をした事があるでしょう。

これを同様に、青汁に含まれる植物についても冷凍する事によってその鮮度を失わず、そのままの状態で家庭に届ける事が出来るのです。植物は時間が経って鮮度を失うのと比例して栄養分も失っていきますから、やはり鮮度を保つ方法をとられているものを積極的に選ぶべきではないでしょうか。

さらに冷凍青汁の魅力として、食感が残る、お腹に残る、という特徴があります。

e054083481ef6096f2a4f003e9563465_s

ダイエットしている人は、栄養分がどうしても失われる事が多いので、我慢した食べ物の代用として青汁などの栄養がある飲み物を飲んでいるという場合が多いものです。そのような中、やはりどれだけ栄養を取り入れようとも、飲み物だけでは物足りないという気持ちがあるでしょう。

これらの製品はその特長を生かして、植物の食感を残すよう作られているものが多いですから、満腹感が味わえます。満腹感というのはダイエットにとって最も重要と言ってもよい部分で、これを助けてくれる飲み物は重宝されるのではないでしょうか。

現代人は粉末状のものはサプリ状になったものなど、手軽さを求めがちですが、たまには本来の植物を身体に取り入れて、ごく自然な健康を手にすることも大切ではないでしょうか。

 

☆冷凍タイプのおすすめ青汁☆

 

キューサイがこだわり続ける「国産ケール100%」の青汁。

国内の自社グループファームと契約農家で、種を育てる段階から農薬・化学肥料一切不使用で育てられた国産ケールを新鮮なうちにしぼり、約マイナス40℃で急速冷凍しました。

品質に絶対の自信を持っているから、余計なものは何も加えず、畑で食べるケールの葉そのままの、みずみずしくフレッシュな味わいになっています。ケールは、スーパー野菜と言われており、ビタミン・ミネラル・食物繊維など、現代の食生活で不足しがちな栄養素をしっかり含んでいるので、毎日の健康維持に役立ちます。

『キューサイ ケール青汁(冷凍タイプ)』の詳細はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
kyu-saike-ruaojiru

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事