レモンの青汁の特徴、魅力とは?

この記事は2分で読めます

レモンの青汁

レモンの青汁とは、この名前の通り青汁にレモン果汁を加えた商品です。

苦味の強い青汁と酸味の強いレモン果汁は一見ミスマッチのように感じますが、意外とマッチしていると評判になっています。

レモンの青汁の特徴ですが、メインの野菜にはケールが使用されています。

ケールは非常に栄養価の高い野菜で、カルシウムやビタミンE、ビタミンC、カロテン、葉酸、ルテインなど様々な成分が豊富に含まれています。

また、毎日摂取するものだからこそ安全性にもこだわっていて、国産で環境の良い土地で生産している農家と契約し、無農薬・無化学肥料で作られたケールのみを使用しています。

レモンの青汁は携帯にも便利な粉末状ですが、スプレードライ製法という方法で瞬時に乾燥させ粉末化しているので、ケールに含まれる栄養分もほとんど失われる事がありません。

ところで、青汁などの栄養食品は毎日飲み続けなければ意味がありません。

青汁はいかにもまずい・苦いといったイメージが強く、健康を意識して飲み始めても長続きしない人は少なくありません。

レモンの青汁の場合、野菜の中でも特に苦味の強い野菜であるケールが使用されています。

しかしレモン果汁が配合されている事により、青汁の青臭さを感じなくなります。むしろレモンのスッキリとした甘みがあって、ジュース感覚で飲める点が魅力です。

青汁らしくない風味が特徴なので、初心者向けの商品とも言えます。

ちなみに1日に摂取すべき目安が2袋となっており、この分量を摂取すると、成人が1日に摂取すべきビタミンCの栄養所要量100mgをまかなえる事になります。

ビタミンCは、水溶性のビタミンのため、毎日補うことが大切です。

風邪の予防や免疫機能を高めたり、さらにはメラニン色素を抑制する効果もあり、美容面でも健康面でも必要不可欠な栄養素です。

野菜が苦手な方の場合は、ビタミンCも不足しがちになりますが、毎日摂取する事で野菜不足も改善されます。

レモンの青汁の飲み方は様々で、冷たい水の他には、牛乳や豆乳に入れる方法もあります。

牛乳や豆乳に入れると更にクセが無くなり、小さいお子さんでも飲みやすい味になります。
またプレーンヨーグルトにいれると、レモンの酸っぱさとの相性の良さもあって食べやすくなります。

ケールの豊富な栄養素、レモンのビタミンC、さらに牛乳やヨーグルトと一緒に摂取する事でカルシウムも補われ、朝食にも最適のメニューとなります。

外食が多い、野菜不足、生活が不規則・・・
危険信号のあなたにレモン果汁を加えた「おいしい」青汁!
≪野菜の王様”ケール”配合≫飲みやすい「レモンの青汁」

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

nandrolone phenylpropionate
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る