マイケアのふるさと青汁で美しく健康に

この記事は2分で読めます

現代人は、何かと忙しく、朝食を抜いたり、ファストフードや外食などで簡単に食事を済ませてしまいがちです。当然、野菜を満足に摂取することはできません。
野菜不足は、女性の大敵、便秘の原因になります。

ff272b4ac745a25414419db7a0ec6870_s

便秘になると、毒素が身体中をめぐることになるので、体臭がしたり、吹き出物ができるなど、お肌へ悪影響を及ぼします。また、野菜の少ない偏った食生活は、知らず知らずの間に、健康な体をむしばんでしまうことになります。気がついたころには、恐ろしい結果になんてことになりかねません。

そこで、忙しい人におススメなのが手軽に飲むことができるマイケアの『ふるさと青汁』です。

furusato

青汁と言えば、一般的にケールや大麦若葉が原料であるというイメージが強いですが、マイケアの『ふるさと青汁』は、主原料にとても栄養価の高い明日葉を使っています。

furusato5

明日葉は、「葉を摘みとっても、明日には新しい芽を出す」と言われるほど、栄養豊富な野菜で、カリウム、マグネシウム、リン、鉄、銅、亜鉛等のミネラルが豊富にバランスよく含まれています。この中で、注目したいのは、カリウムです。カリウムは、細胞内に水分が溜まることによっておこる「むくみ」を改善する効果があるので、むくみで悩んでいる女性にとってはうれしい成分です。

また、水溶性と不溶性の二つの食物繊維も豊富に含まれているので、便秘解消にもつながります。

110611

マイケアの『ふるさと青汁』を飲み続けることで、便秘続きで「ポッコリお腹」で悩んでいる方も、すっきりお腹へと変わっていくことが期待されます。

また、明日葉で最も注目される栄養素は、「カルコン」と呼ばれるポリフェノールです。

furusato7これは、明日葉の根や茎を切ると出てくる黄色いネバネバした黄色い汁で、強い生命力の源とされています。根っこの部分は一年でわずかしか取れません。

マイケアの『ふるさと青汁』は、八丈島で元気に育った明日葉の葉や茎に加えこの貴重な「カルコン」が最も含まれている根っこの部分をたっぷり使用しています。さらに、熊本県産の大麦若葉、桑の葉がバランスよく配合されているので、大変おいしく飲みやすい青汁です。

青汁は、青臭い、まずいと思っている方は、そのおいしさに驚かれることでしょう。マイケアの『ふるさと青汁』は、粉末タイプなので、忙しい朝でも、さっと水や牛乳に溶かして混ぜるだけでOKです。また、ヨーグルトや、今人気のグラノーラなどに振りかけて食べてもいいでしょう。自分なりの、おいしい飲み方を考えるのも楽しいですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事