ビタミンとミネラル豊富な青汁でニキビ対策!

この記事は2分で読めます

 

ニキビは毛穴が詰まってしまうことで、菌が繁殖し、炎症を引き起こします。

皮脂が活発に分泌される思春期に多い症状ですが、大人になっても辛い症状を繰り返す人が少なくありません。

青汁を飲むことで、ニキビのしつこい症状が軽減されたという口コミが見られますが、不足しがちな栄養素を補給できたことで、症状が改善できている可能性が高くなっています。

青汁に使われているのは、栄養バランスが優れている、青野菜です。ケールや大麦若葉、明日葉や桑の葉、クマザサなどが有名です。

どれもが豊富なビタミンやミネラルを持っており、体内に吸収されることで、肌の調子を整えてくれます。

口から摂取するだけで豊富な栄養素を取り込めるとあり、サラダや煮物などから野菜の栄養を摂取する方法よりも、たくさんの量を取り込みやすい手軽さが売りです。

歯で噛み砕く行為がいらないため、誰もが気軽に毎日のように摂取しやすいのもメリットとなっています。

野菜の栄養素は皮脂の分泌が盛んな思春期の肌にも役立ちますが、しつこく症状を繰り返す、大人のニキビに特におすすめです。

大人の症状は不規則な生活やストレスなどの影響により、肌のターンオーバーが正常に行われないことで起こることが大半です。ターンオーバーの乱れの原因として、野菜不足が指摘されています。

朝の支度が忙しいからと朝食を抜いたり、業務に集中するために昼食をおにぎりだけで済ませてしまう大人がたくさんいます。

このようなバランスの悪い食生活を続けていれば、自然に野菜不足になるのは当然の結果です。ニキビに負けない肌を作るのに必要な、ビタミン群やミネラルが十分に補えなくなってしまいます。

ターンオーバーの機能が低下すれば、肌の角質が硬くなってしまい、毛穴詰まりを促進させます。常に健康的で綺麗な肌状態を保つためにも、栄養豊富な青汁で野菜不足を解消してみましょう。

薬ではありませんので、直ちに効き目があるというものではありませんが、継続して摂取することで徐々に肌の調子を整えることができます。

また、青汁には豊富な食物繊維が含まれています。便秘になると腸に溜まった便から有害物質が分泌され、肌荒れの原因を作り出します。

食物繊維をたっぷりと摂取することで、溜まりがちな便を身体の外へスムーズに排出できるようになります。便秘が解消されると、自ずと肌の状態が落ち着いてきます。症状の悪化を防ぎ、早めに回復させる際にも役立ちます。

 

primobolan for sale
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事