サントリー極の青汁(きわみのあおじる)の魅力

この記事は2分で読めます

 

サントリーの「極の青汁」は体を整えるための栄養素をたっぷり含んだ野菜の力を体に届けたい、そんな思いで作られました。厚生労働省によると望ましい野菜の摂取量は1日350gとされています。

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s

これは生野菜サラダ5皿分に相当する量で、毎日の食事の中で栄養バランスを考えながらこれだけの量を食べるのは大変なことです。事実、日本人の20代以上の全年代で野菜の摂取量は足りていないというデータが出ています。

そこで毎日の健康のために足りない栄養素を補う目的で開発されたのがサントリーの極の青汁です。

aojiru

サントリーでは野菜のポリフェノールであるケルセチンに注目、健康維持に役立つケルセチンから体に吸収しやすいケルセチンプラスという形を見出し青汁に配合しました。すると、ケルセチンに比べ吸収力が120倍にもなるという実験結果が得られました。これが野菜の栄養素をしっかり体に届けられる理由です。

さらに極の青汁は厳選された国産野菜が使われているので安心・安全に飲むことができるのも魅力です。産地や品種、農法にまでこだわり、熊本阿蘇の地力によって育まれた大麦若葉、あふれる生命力の屋久島の明日葉を贅沢に配合、豊かな自然環境の中で手間暇かけて育てられた野菜の恵みを青汁につめ込みました。

aojiru5

栽培中から徹底した品質管理で何百項目にもわたる品質安全性のチェックが行われています。いくら体に良いものでも続けなければ意味がありません。

サントリーでは毎日飽きずに美味しく続けてもらえるように抹茶と煎茶をブレンドし上品な味わいに仕上げました。もちろんお茶にもこだわり、宇治産煎茶と愛知抹茶を使用しています。飲みやすくさらっとした飲み口で青臭さもありません。

aojiru6aojiru7

何にでも溶けやすい粉末で粉っぽさもなく、水や牛乳に混ぜても気軽に飲め、さらにデザートや料理に混ぜても美味しくいただけ、アイデア次第でいろいろなメニューにアレンジできます。

スティックタイプなので持ち運びにも便利で、いつでもどこでも手軽に飲めてバリエーションが広がります。飲料メーカーであるサントリーならではの美味しい青汁です。

偏食がちで野菜不足が気になる方、なんとなく体調がすっきりしない方、健康な毎日を過ごしたい方、そんな方におすすめしたい極の青汁は美味しさと吸収力の良さ、安全安心な品質でイキイキと健康でスッキリした毎日をサポートしてくれます。購入には便利でお得な定期コースもあり、続けやすくなっています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事