コレステロールが気になる方に、コレスケアキトサン青汁

この記事は2分で読めます

 

コレスケアキトサン青汁は、カニから抽出された成分であるキトサンが含まれています。キトサンは厚生労働省が認可した特定保健用食品(トクホ)であり、健康を保つためのさまざまな効果が期待されています。キトサンはカニやエビなどの甲殻類の殻に含まれてい不溶性食物繊維です。

4e674e2a2dbedbdd26dfe886a26269cb_s

体に入ると水分を吸収して膨らみ、腸を刺激して排便を促します。また、食事の後にキトサン青汁を摂ると血中のコレステロール値が下がるといわれています。血中に含まれているコレステロールは、肝臓で生成される胆汁酸の原料になります。作られた胆汁酸は小腸へ送られ、吸収された後にまた肝臓へ戻るという腸肝循環を行います。

キトサンには、胆汁酸を付着させて排出する作用があり、足りなくなった胆汁酸を生成するためにコレステロールを集めるため、血中のコレステロール値が下がることになります。さらにキトサンには、コレステロールと一緒に周りにある脂肪分も排出する作用があることから、ダイエット対策としても期待できる成分です。

f05061a65c23024173ad5b73742554a5_s

その他にも解毒や抗菌、防カビ等の作用や、免疫力を向上する効果など、健康を維持するために役立つ働きが多くあります。コレスケアキトサン青汁は、優れた効果のキトサンを配合した青汁です。

koresukeakitosannaojiru1

1袋3グラム、1日あたり3袋を目安に飲むことが推奨されています。1箱30包入りで個別包装された粉末タイプなので、外出先でも手軽に飲めるため、毎日必要な量の栄養成分が摂取できます。パウダータイプにありがちな粉っぽさが抑えてあるので舌触りもなめらかで、水に溶けやすくなっています。

コレスケアキトサン青汁に使用されている大麦若葉は化学肥料や農薬を使用していない有機栽培によるもので、国内生産品が原料になっているため安心して口にすることができます。

koresukeakitosannaojiru2

コレスケアキトサン青汁に含まれている還元麦芽糖は、サツマイモやトウモロコシなどの天然植物からできた麦芽糖に、水素を加えることで作られる甘み成分で、腸内に吸収されにくいため、血糖値を抑えるという作用があります。砂糖と比べてカロリーが低いためダイエットにも最適です。

ベースの青麦若葉に加えて抹茶も入っているので、飲みやすくなっていて牛乳と割って飲んでもおいしく頂けます。コレスケアキトサン青汁は、血糖値やコレステロールが気になっている方、腸の動きが悪く便秘に悩んでいる方、ダイエット中で摂取カロリーをなるべく抑えたいという方におすすめです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事