ケール青汁のさまざまな健康効果

この記事は2分で読めます

 

ケール青汁は、キャベツやブロッコリーの原種であるケールという野菜を使って作られた青汁で、さまざまな健康効果があります。現在普通に食べられている野菜の中には、食べやすくするための品種改良の結果栄養まで同時に失われたものも多いのですが、ケールは野生種に近いので多くの健康成分が含まれているのです。

kale-233127_640

まず、ケール青汁はビタミンA、ビタミンCが豊富です。ビタミンAはニンジンの2倍、ビタミンCは明日葉の2倍含まれています。ビタミンAには粘膜を丈夫にして抵抗力を高める働きがあり、ビタミンCには抗酸化作用や美肌効果があります。

さらにケール青汁にはビタミンだけでなく、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄分などのミネラルも多く、特にカルシウムが豊富に含まれています。これらの成分は骨を丈夫にする、精神を安定させる、血圧を調整したり貧血を予防するなどの効果があり、体を正常に機能させるために必須です。

110611

また食物繊維が多いのもケール青汁の特徴です。食物繊維には腸の調子を整え、下痢や便秘を改善する効果があります。さらに食物繊維にはコレステロールの排出を助ける効果もあり、生活習慣病の予防にも有効です。現代型の食生活では食物繊維を摂る機会が少ないので、これは見逃せないポイントです。

健康にいい他の成分として、ケールにはイソチオシアネートという成分が豊富に含まれています。これはキャベツなどのアブラナ科野菜特有の成分で、体内に発生した活性酸素を除去する作用があります。活性酸素は周辺の細胞を酸化する作用を持つ物質で、癌や動脈硬化などの生活習慣病の原因となるほか、老化にも深いかかわりがあると言われています。

025

つまりケール青汁を飲むことは、癌などの生活習慣病や老化の予防につながるということです。実際動物実験でも、イソチオシアネートが異常な細胞の増殖を抑え、癌を予防することが確認されています。またアブラナ科野菜を多く食べる民族は、そうでない民族に比べて癌による死亡が少ないという統計もあります。

イソチオシアネートには他にも様々な健康効果があり、例えば肝臓の働きを助けて有害物質の分解を促進する作用や、アレルギーの症状を抑制する作用があります。

37af27c2fc3a7f7505e0f92507a24dd4_s

最後に、意外に思われるかもしれませんが、ケールにはメラトニンという成分が他の食材に比べて非常に多く含まれています。メラトニンは睡眠をサポートする成分で、アメリカなどではサプリメントとして売られています。ですからケール青汁には、睡眠を良質なものにする効果も期待できるかもしれません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事